私だって ていねいに暮らしたい!

かくれ面倒くさがりな主婦の日常、家事、育児


お知らせ
●ブログ移転のお知らせ●

突然ですが、

「私だってていねいに暮らしたい!」
引っ越しすることになりました☆

新しいURLは
http://hamiruno.comです。

これからはそちらに記事を更新していきます。(2015年7月中に完全引っ越し予定)
お手数ですがブックマークなどしてくださっている方は、登録の変更をお願いします!
TOP ≫ CATEGORY ≫ 料理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

パウンドケーキをもっと気軽に焼きたい!面倒くさい作業を少しでも簡単に

こんにちは、はみるのです。

今朝は5時前に娘に起こされ、おねむな昼下がりでございます。
でも、娘のお昼寝中にせっせと家事、パソコン!(だから寝かしつけで寝落ちするんだろうなぁ…)


さて、昨日黒くなってしまっていたバナナでパウンドケーキを焼きました。
前の晩から「焼こう!」と決めていたものの、作りはじめるまでがなかなか…。

ダラダラしながらキッチンの方を見つめて、

『まず調理台もうちょっと片付けて~、バナナつぶして~、粉とか計量して~、あっ、あとあの作業…』

と頭の中で何度も想像するばかりでエイヤ!と動き出すまでしばらくかかる。笑 
パウンドケーキのレシピ自体はとっても簡単なのに。


計量するのもけっこう面倒くさいんですけど、私がもっと億劫とする作業…


それはパウンド型にクッキングシートをセットすることです。


角が直角ではなく上に向かって広がった型なので、クッキングシートをサイズに合わせて切ったり折ったりするのが手間取ってしまうんですよね。

ガッタガタなのが出来ました…。笑

20150107_006.jpg

「はっ!」ふと、思いつく。

これ型にとっておけばいいんじゃ?!

いつものまごまごした作業を今回で終わりにするべく、牛乳パックで型どりしておくことにしました。

20150107_008.jpg

フリーハンドで無様な出来だけど、今度からこれを使って簡単にチョキチョキできる~!

それだけで、パウンドケーキ焼くまでにいる覚悟(←そんなにいるか?っていう)が軽くで済みそう♪

20150107_007.jpg


パウンドケーキは超おいしく焼きあがりました~。

しっとりもっちり♡

spthumb_20150107_013.jpg


なかしましほさんのレシピ大好き…♡




ダイエット中なので、小分けにして冷凍☆
少しずつ食べます。

20150108_001.jpg


それではまた!


スポンサーサイト




不器用で面倒くさがりな私の失敗したくないカレー・シチュー作り

こんにちは、はみるのです。

なんじゃ今日は~!
めっちゃ寒~!!

夜から雪って言ってるけど、娘がお昼寝起きたらスーパー行かねば。


こう寒いと、体があったまるメニューも頻繁に登場するようになりますよね。
我が家でもつい最近、カレーとシチューを作ったところです。


小学校の調理実習やキャンプのド定番であるくらいの基礎料理ともいえるカレーとシチューですが、自信を持って料理下手を自負する私は(そこ自慢するとこじゃないけど)その2つのメニューですら失敗したことが多々ありました。笑


yun_12846.jpg


カレー・シチューの失敗例



1.シャバシャバになる

水分が多い。水はめんどくさくとも、きっちり計量カップで計って入れます。
実家ではよく「入れすぎたワ~」なんてトロミのないカレーが出ておりました。


2・お肉がかたくなる

鶏モモ肉なんかだとやわらかいですが、ちょっとお安めの牛肉や豚こまなんかを使うとちょっとかたくなりがち。
節約のために鶏ムネ肉やささみも使いたいけれど、やっぱりかたくなっちゃう。


3・炒めている時に焦げがついてしまう

これは主にホワイトシチューの時。
食べられなくなるほど焦げるというのではなくて、チリチリ細かい焦げが牛乳やルーを入れると浮き上がってきてしまい、見た目が汚くなる…笑

え?そんなことなったことないわよ?という方は私がはずかしいですので、どうぞこの記事を閉じてくださいませ。笑


お肉がかたくなる、焦げるなどの失敗を事前に回避する



私はカレーを作る時によく聞くような、コーヒーの粉を入れる、ジャムを入れる、ソースを入れるなどのアレンジをするほどの力量がないので本当にパッケージの裏側の説明通り忠実に作ります。

そうすると必ず手順はこう書いてますよね。

野菜とお肉を炒める

煮込む

ルーを入れてまた煮込む

でも、この通りにするとうちにあるお鍋が原因か、私がトロくさいのか、お肉を炒める時にどうしても細かーく小さな焦げができやすいんです。言うなれば餃子の羽みたいなチリチリな感じ?笑

これがホワイトシチューの時なんかだと、黒い粒が点々と浮き上がって仕上がりが汚くなるんですよねぇ。笑


それなので、私はもう最初にお肉を炒めないことにしました!

お肉がお鍋の底にはりついてしまった時は、濡れたふきんなどにお鍋を置いていったん鍋底を冷ますとくっつかなくなるというのは知っていますが、一度くっついたやつたちはどんどん焦げていきますからね。

野菜だけを普通に炒めてから、お水を入れて煮込んでいきます。(時間がない時はじゃがいもとにんじんはあらかじめ3~4分レンジでチン)

このタイミングでお肉を投入~☆


そして、もうひと手間。

お肉がかたくならないようにお肉には片栗粉をはたいておきます。
こうすると鶏ムネ肉や、ささみ、豚こまなんかもトロリとやわらかめに仕上がります♪

b20141203_000.jpg

これは鶏ムネ肉でシチューを作るという節約レシピで見たもの。
本当にパサパサかたくならず仕上がりますよ~。鶏ムネ肉やささみは気持ち薄めにそぎ切りにするとなおよいです☆

あとこれは上には書いてなかった失敗ですが、一回冷蔵庫にあった豚バラ肉をカレーに使おうと炒めたら、煮込みの時に油が浮いて浮いてとってもとってもおさまりきらないということがあります。 考えたらわかるだろって感じですが。笑

お肉に片栗粉をはたいて後入れで煮込むこの方法なら、豚バラ肉でも安心して使えます。


まぁ、おいおいはいろいろアレンジしたり、目分量で水や牛乳入れたり、お肉を最初から炒めて香ばしくしたりできるのが目標ですが、お友達がお家にランチに来るなんて時は焦げを気にせずこちらの方法で、カレーやシチューを作って安心してふるまいたいと思います。笑

それではまた~。






夫の誕生日ごはんとケーキ○●飾りは手作り感満載で

こんにちは、はみるのです。

マンションの前の公園で何やら子どもがたくさんのイベントがやっているんですが、目をこらしても何のイベントかわからずチキンな私は近寄ることができずにいます。笑

いいんだもん、娘寝とるし。。。


さて、今月は娘と夫の誕生月だったのですが、記事にしてなかった夫の誕生日のごはんとケーキをご紹介。

どれも簡単レシピでした。


大好物の唐揚げはナシで、凝って見えるメニュー



夫の大好物は鶏の唐揚げで、以前はそれをもったいぶって誕生日とクリスマスにだけ登場させることで特別感を出していました。(今思えば2回ってひどい?笑)

でも、一度夫が目に見えて仕事で落ち込んでいる時の夜ごはんに唐揚げを出したのをきっかけに、私の中で唐揚げに対するハードルが下がって、それからはちょくちょく食卓に登場しています。

まぁ、今回も唐揚げでよかったんですが、誕生日当日は夫は仕事。

できあがった唐揚げをもう一度チンするのはベチョっとしちゃうし、出来たてを食べてもらうとしても日付変わって帰ってきたりするので、お風呂入った後のしかも夜中に揚げものするのはいやだ!

というわけで、作り置いて後でチンしてもおいしい、特別感もあるというメニューはなんだろう??

と考えた時に、今年のお正月に作って実家へ差し入れして好評だったミートローフを思い出しました☆


ハンバーグより簡単?!仕込めばほったらかしのご馳走ミートローフ



20141012_007_1.jpg

茹で卵入りで、まわりにベーコンを巻いたミートローフはこちらのレシピ。

Cpicon おもてなしやクリスマスに☆ミートローフ by はすちん

ベーコンを巻いてさらに豪華な感じに。
ミックスベジタブルはなしで、玉ねぎだけ入れました~。(あれば華やかだったけど…)

このソースが絶品!!
奇跡的に前に使ったちっこい赤ワインが残ってたから、レシピに忠実にそれを使ったら、ぎょーーおいしすぎる!!

夫も手作りのソースだというとビックリしてました。笑


後は

クリームコーンスープ

クリームコーン1缶に、牛乳を空いたコーン缶1杯分入れて、コンソメ・塩・こしょうで味付けするのみ。
この間はわざわざミキサーかけて裏ごしまでしたけど、そんなの何もせず粒々の方がおいしかった。(夫もその方が好きみたい)
このスープは娘のがっつきようがすごい!
「おかわり~!」3回目で止めました。笑

炊飯器ピラフ

ほんとは玉ねぎとかベーコンとか入れるんだけど、他で使ってるからにんじんのみ。
おかずと食べるのを前提に、単品で食べるピラフよりかは薄味で。
(米2合に対し、コンソメ小さじ2と黒こしょう。ツナ缶入れたらもっと味が濃くておいしい)

Cpicon 簡単美味!ハムと野菜のイタリアンマリネ★ by トイロイロ

このレシピ、じっくり冷蔵庫で漬けたらすっごくおいしかった!
生ハムとかで作ってみたい…♡
サーモンとかも絶対おいしいな(ヨダレ)

結局コンロを使う料理はコーンスープだけだったので、すっごく楽チンだった!

人が来る時にはこういった感じでレンジ、冷蔵庫、コンロの配分を考えるとよさそう♪


甘いもの全般苦手でもチョコは好きな夫



夫の一番苦手なにおいは、ワッフル屋の前で漂っているあのとろけるにおい。

においっていうのがそぐわないくらい、私にとってはうっとりとろける香りなんだけどなぁ。
エッグタルトとか「う…」ってなるらしい。


でも、なぜかチョコは好きなんですよね。昔から。
といってもめったに自分で買ってまで食べたりはしないんですけど。

昨年はイチヂクとかぶどうで秋フルーツのデコレーションだったんですけど、今回はチョコレートケーキ。

20141013_004.jpg

お借りしたレシピはこちら↓
Cpicon メレンゲ無し♪簡単☆濃厚ガトーショコラ by オレンジリング

簡単、混ぜるだけなのに本当に濃厚で美味でした♪
一日寝かせたのもよかったのかな?

材料もシンプルだし、友達が来る時や実家へ帰る時なんかにもよさそう☆

砂糖を減らして作ったので、娘も特別にチョコ解禁!
顔真っ黒にして笑顔でパクパク。

もう35歳だけど、夫もろうそくのたったケーキにまんざらでもなさそう♡
私は単純に甘いものが食べられて嬉しい。笑

ろうそくは、歌を歌ってる途中に娘が瞬殺で上手に吹き消してました。笑


ケーキの飾りは家にあった材料で手作り



いつものように100均で売ってる数字のろうそくにしようと思ってたんですけど、今回の【3】と【5】が黄色とピンクでいまいちな色合わせだったから買うのやめ。

プレイスペースでハロウィンのリース作りように持たせてくれたフェルト飾りをひとつ使って、簡単な飾りつけ。

20141013_000.jpg

マスキングテープで無理矢理レザー部分を竹串に巻きつけて…

色画用紙に手書きで35って描きました。
手作り感いっぱい!笑

20141013_001.jpg

でも、これだとろうそくがない!!ってなって、前に買って残っていたクローバーろうそくをぷすり。

誕生日だけどちょっぴりハロウィンテイストのケーキになりました☆

20141013_004.jpg


やっぱり土台になっているのは実家での思い出



結婚してからしばらく共働きをしていた時は、自分がホールケーキを作るだなんて考えてもみませんでした。

作りたくないっていうのじゃなく発想がなかった。笑


でも子どもができて、家族に対してこーしてあげたいあーしてあげたいっていろいろ思うようになって。

その土台になっているのはまちがいなく実家で母がしてくれたこと。

誕生日にケーキを作ってくれたことや、クリスマスにそれらしいごはんをみんなで楽しく食べたこと。
そういうことがしっかりと私の中にしみついていて、不思議と自分も同じものを求めるんですよね。

いつも楽しいお茶の間の空気を作ってくれていた母に感謝。

ありがたいことに、今は不器用な私でも作れるレシピがたくさんあるので、気持ちだけは込めていきたいなぁと思います。(そして母のように料理うまくなりたい…)


それではまた…。


にほんブログ村 トラコミュ おうちでパーティー 特別な日のお料理へ
おうちでパーティー 特別な日のお料理




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。